社会化 吠える 噛む トイレ 引っ張る 飛びつく
大声で叱るよりまず原因をさぐる。
人間の赤ちゃんが泣いて「オムツが気持ち悪い!」と訴えるように、ワンちゃんも飼い主さんに 吠えて訴えています。大声で叱るよりまず、なぜ吠えているのか原因をさぐりましょう。 そして、少しずつ吠える機会を減らしていきます。
状況によって変わる原因。
飼い主さんに対して吠える原因の多くは、「あーしろ、こーしろ」という要求によるものです。 また、家族以外の人に吠える原因としては、恐怖によるものや、テリトリーや飼い主さんを守って いるという意識からです。その他には「暇つぶし」や「ストレス発散」として、遠吠えで遠くの 犬たちとコンタクトをとっていたり、運動不足でやることがないので吠えたりします。 飼い主さんに依存しすぎて、お留守番時にパニックになって鳴いてしまう「分離不安」もあります。
トレーニングで無駄吠えをなくす。
たとえば、留守番中ずっと吠えているというお悩みに対して「吠えている時は無視をする」訓練は ご近所の手前やマンションや住宅密集地ではなかなか難しいものです。環境を変えてあげたり、 吠えたことによって得たごほうびを取り除くことはもちろんですが、新しいトレーニングをしたり、 吠えを防止する道具を使ったりもできます。
Pee-Ka-Booが最善の方法をご提案します。
年齢や性格によっても対処方法は様々。
ピーカーブーでは無料カウンセリングを受付けておりますので、
まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのご予約・お問い合わせ(フリーアクセス) 0120-928-369
見学&カウンセリング
1日体験保育
 

(C)有限会社ディスカバリー