社会化 吠える 噛む トイレ 引っ張る 飛びつく
大切なのは人がリーダーになること。
大切なのは人がリーダーになること。 お散歩中、犬に散歩してもらっている人をよく見かけます。曲がり角を曲がる時、犬だけが先に 飛び出してきてびっくりすることもあります。そこにいたのがお年寄りや小さい子供の場合、 びっくりして転倒したら大変危険です。小型犬だから、まだ仔犬だからと油断していると、 犬が主導権を握り、他にもいろんな問題がでてきます。お散歩は毎日のことですから、 ワンちゃんとの練習も毎日行うことが出来ます。
まずは横に並んで歩く練習から。
まずは、お庭やおうちの中など落ち着く場所を選んで、横に並んで歩く練習をします。いきなり散歩で横について歩くことはほとんどありませんから、同じ場所を行ったり、来たりしながら飼い主さんの横は素晴らしい場所で、犬がそこにいたいと思うように教えていきます。
主従関係をしっかり結ぼう。
飼い主を無視して、犬が自分の行きたい方向へ行こうとしたら、素早くリードを引いて向きを変えて歩き出します。主従関係がしっかりでき、飼い主さんに誉められることが嬉しくなるとリーダーの行動を伺うように犬の方からアイコンタクトがくるようになります。
Pee-Ka-Booが最善の方法をご提案します。
保育園ではお友達や先生と遊びながら
「飼い主さんの横にいるといいことがあるぞ!」と、
引っ張らないで歩くことの他もにいろんなことを学びます。
お電話でのご予約・お問い合わせ(フリーアクセス) 0120-928-369
見学&カウンセリング
1日体験保育
 

(C)有限会社ディスカバリー