体験保育の必要性

2019/05/29 | お知らせ | 西川真由

丼ぶりや蕎麦などにさっと振りかけると、ぐっと味が引き立つ「山椒」!舌が痺れるあの感覚、そして鼻に抜ける独特の香りが食欲をそそりますよね。家の近くの担々麺屋さんでは山椒の量を選択出来るのですが、ビビビっと舌の痺れが取れないまま家に帰ることが多いです、にしかわです

昨日一昨日と二日間、保育の体験として3頭のワンちゃんが来てくれていました(*^^*)保育園に興味がある飼い主様に、実際に保育園の流れを体験してイメージを膨らませてもらったり、ワンちゃんの適正を見たりするのが、この「体験保育」というシステムです♪通常8,000円のところ、今だとキャンペーン価格の5,000円です!(お電話お待ちしております〜〜☆)

ドキドキ緊張モード

体験保育では、初めての環境に緊張する子が多いのでまずは環境慣れや人慣れからゆっくりスタートすることが多いです♪慣れてくると適正を見ながら保育園に通っているお友だちと実際に触れ合っていき、その中でワンちゃんの様子を見て、体験保育終了後に最適なプランをご提案しています(^_^)

初めてお泊まりする場合でも、宿泊前に1日体験しておくことでお預かりの練習となり本番も不安が和らぐという理由から利用されるお客様もいらっしゃいます。(全く知らない場所に預けられるのと、1度来たことがある場所でお泊まりするのでは気持ちの余裕さが全く異なりますよね)

数時間という短い時間ではありますが、体験に来てくれた子が少しでも楽しい気持ちで帰ってもらえる様スタッフみんなで盛り上げていきます!

ドックラン楽しい〜☆

「体験保育の必要性」
これも私がPee-Ka-Booで感じた素適なことです

毎日の様子はフェイスブック・インスタグラムで更新中

玉造園インスタ

九条園インスタ

Copyright© Pee-Ka-Boo All Rights Reserved.

ページトップへ