家庭犬のためのトイレの上手なしつけ方

2019/08/05 | トイレのしつけ | えんちょー

昨日、IMPホールへ“ものまねライブ”へ初めて行ってきました!
ミラクルひかるのモノマネの中でも青汁のCMが大好きなエノモトです^^

変人7モノマネLIVE

留守番が長い場合のトイレのしつけ
お仕事などで長時間の留守番が必要なときどうしてますか。

経験上、トイレのしつけ相談を受ける多くの方が実践されているのが、サークルに寝床とトイレをセットしてるスタイルです。

よくある失敗パターン

帰宅時、家に帰ってくるなり待ってましたとわんこが大喜びする姿を見ると、どうしてもすぐにかまってやりたくもなるもんです。
すぐにトイレをしてくればいいんですが、ピョンピョン飛んでばかりでなかなかそうもいかない、、、
結局、サークルから出して一通り遊んだ後、ふとした隙にカーペットの上で失敗… 

失敗の原因は飼い主が目を離してることが多かったり、排泄前の仕草を見つけて上手に誘導できなかったり、要するに失敗する隙を与えすぎだったりするんですが、片手間にやろうとして上手く行ってない方が多いように感じます。

予防と対策

サークルから出して一通り遊んだ後のタイミングで隙をつくらない!
クンクン臭いを嗅ぎ出したり、くるくる回り出したり排泄前の仕草を見逃さない。興奮が収まりかけたところでタイミングよくトイレに誘導するなど、終始気をつけて見ておいてあげなければなりません。

また誘導するサークルがそれまでお留守番していた場所の場合、また退屈な時間が始まると勘違いして入りたがらないケースもあったり。

対策としては、もう一つ別のトイレサークルを設置しておくや、サークル以外の場所にトイレを設置してみるなどの方法も有効な場合があります。

失敗のスパイラルから抜け出す為のひとつのヒントにしてもらえれば幸いです。

2ヶ月 トイ・プードル♂ 仔犬のトイレトレーニングをしました。

2017/10/04 | しつけについて, トイレのしつけ | えんちょー

先日、生後2ヶ月プードル♂のトイレトレーニングをしました。

この時期は一日に10回以上オシッコしますので、それだけ成功の刷り込みがたくさん行えます。

残念ながら、相談に来られるほとんどが「そのうちできるだろう」と中途半端な取り組みでいつまでたっても成功習慣がつかないケースが多い様です。

 

早く覚えさせるコツは、失敗させない環境づくりと成功の刷り込み。
実際に行う際は①ハウス→②トイレ→③自由

と、この3つのサイクルを上手に回すことがでできたらトイレ習慣は意外とカンタンにつきます。

ただし、自由にしている時も気を抜いてはいけません。オシッコが十分出た後は膀胱が空っぽになってますから、他で漏らしてしまうリスクは少ないですが、クルクル回り出したり排泄をしそうな仕草をしたら速やかに誘導してやる必要があります。

最初の頃は、自由にしている時間は10分以内が適当でしょう。
その間にしっかり運動させてあげてお水を飲ませたら、また①ハウスに入れて休ませるという流れでやっていきます。

この子の場合、1週間もすればかなりの成功スパイラルが出来上がりました。
トイレトレーニングの様子はこちら

ワンちゃんすくすく、預けてあんしん、

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)では

社会化をはじめ、飼い主さまとワンちゃんが快適に

暮らしていけるようサポートしていきます。

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)

犬の保育園、しつけ、トイレレッスン、一時預かり、ペットホテルなど

営業時間 8:00~19:00
お電話の
受付時間 10:00~19:00

住所

大阪府大阪市西区九条南2-11-2

お電話での問い合わせ

0120-928-369(フリーアクセス)
06-6585-7556(Pee-Ka-Boo)

>> 犬の保育園とは

>> 保育プランについて

>> お泊まり・預かりプランについて

>> ご予約・お問い合わせ

トイレトレーニング「シーツがあればどこでもできる」

2017/07/24 | しつけについて, トイレのしつけ | えんちょー

「シーツがあればどこでもできる」ご相談に来られる方の中には
「そんなことホントにできるんですか?」そう思われる方もいるようです。

もちろんしっかりトレーニングを積まないとそうなってくれないですが、
練習次第では生後5ヶ月を超えてからもで十分良い習慣をつけることができます。

子犬を迎えたばかりの家庭で多い困りごとがトイレのしつけですが、
室内で一緒に生活する以上、トイレのしつけができていればメリットは大です。

例えば大雨や台風の日でも室内でトイレができれば犬も人もストレスなく暮らせますし、
万一飼い主が体調を壊してしまったりした時でも安心です。

トイレのしつけとは、自発的に決められた場所
(吸水シート)に行って排泄できるようにすることを言いますが、
その際、排泄時に「ワンツー、ワンツー」など声掛けを刷り込むことも可能で、
トイレに誘導したり動機付けしていくことができます。

しっかりステップを踏んでトレーニングして行けば
最終的にはペラペラのシーツ1枚あればどこでもトイレができるように進めていくことができるようになります。

そうなればドッグカフェや建物に入る前にも、ドライブインの休憩所でもシールを敷いて前もって排泄させて上げることができて飼い主も安心ですよね!

サンプル動画はこちら

トイレのしつけは一生の財産。
今から子犬を迎え入れる方は、ぜひ、お家に来たその日からトイレのトレーニングをはじめてみてくださいね!

ワンちゃんすくすく、預けてあんしん、

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)では

社会化をはじめ、飼い主さまとワンちゃんが快適に

暮らしていけるようサポートしていきます。

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)

犬の保育園、しつけ、トイレレッスン、一時預かり、ペットホテルなど

営業時間 8:00~19:00
お電話の
受付時間 10:00~19:00

住所

大阪府大阪市西区九条南2-11-2

お電話での問い合わせ

0120-928-369(フリーアクセス)
06-6585-7556(Pee-Ka-Boo)

>> 犬の保育園とは

>> 保育プランについて

>> お泊まり・預かりプランについて

>> ご予約・お問い合わせ

Copyright© Pee-Ka-Boo All Rights Reserved.

ページトップへ