子犬の音慣れ社会化レッスン

2018/10/09 | お知らせ, しつけについて | えんちょー

モノ音に対して敏感ですぐに吠えてしまうとご相談をよくいただきます。

今日の保育園では音に敏感なワンちゃんの為に、掃除機や足音、インターホンの音など、様々な生活音が収録された音源を使ってレッスンを行なっています。

このような音源はCDなどですぐに手に入るようになりましたが、
昔はそれほど多くなく、海外盤CDを使っておりました。
銃声まで収録されていて驚いたものですが、さすがアメリカですね(笑)

 

今日は、プードルのワンちゃんにハウスで聞かせてみました。
ワンちゃんは耳が良いのでスピーカーはある程度、良いものをお勧めします。ちなみに保育園ですはこちら(BOSEブルートゥススピーカーを使用)

あと、個別に音源を収録しておいて鳴らすのも効果的。
こちらも、普段は収録用に専用マイクを使って、可能な限り再現性を高める努力をしています。

犬の恐怖をやわらげるためにハウスでお昼寝の時間など、リラックスした環境を整えたうえで小さな音の刺激から焦らず徐々に慣れさせていくようにします。

 

 

6ヶ月 フレンチ・ブルドッグ♂ 体験保育でした。

2017/08/16 | しつけについて | えんちょー

昨日は6ヶ月になるF・ブルの男の子、Nealくんの体験保育でした。
飼い主さまはバリバリお仕事されてる感じの女性で、留守番が多く遊んであげることができないことも心配されていたようでした。

よくある話なんで、ワクチン接種が済むまでは「病気に感染するから家から出さないで」ってどこかで言われるんだと思うんですけど、そうなると飼い主も心配で怖くなってついカプセル教育になってしまいがち、結果、犬同士のコミュニケーションがうまく出来ないというケースをよく見かけます。

これくらいの月齢はエネルギーの塊みたいなもんですから元気が有り余ってます。ほとんど犬と触れ合ったことがないNealくんは、興味がありすぎて発散させるのに大変だったと思います。

ただ、フレブルって案外他の犬種から嫌われるですよねー、鼻ぺちゃ犬はブヒブヒって近寄ってこられるのが、特に小型犬なんかには嫌煙されるようです。

Neal君のようにそこそこ体格もあって、チカラ一杯ぶつかって行ってしまうタイプはどう触れ合いをさせるか悩むところなんですが、今回は同じFブルのまんちぇ君と触れ合ってもらうことにしました。

前半は誰の声も届かないほど過度な興奮状態なのが観てわかります。
でも大興奮が続いた時は要注意!舌が紫色になる(チアノーゼ)場合があるため途中、強制的にクールダウンさせました。

最後には疲れて満足そうに二人とも水を飲んでますね^ ^
18日より入園が決まりました。友達いっぱいできるといいな!

 

犬とのふれあい社会化・プードル2歳♂のソラくん・犬の保育園Pee-Ka-Boo

2017/08/09 | しつけについて, よくある質問, ムービー | えんちょー

こんにちは、犬の保育園Pee-Ka-Booの榎本です。
今回は犬慣れの動画をアップ記事です。

「イヌ友だちをつくってあげたい…」
そう、願っている飼い主さんは結構多いと思います。

ところが散歩で気の合う犬と会えなかったり、同じ月齢やフレンドリーな子が近所にいなかったり、以外と身近で犬同士のふれあう機会って少ないんですよね。

 

トイプードルのソラくんは、初め犬が苦手ということでご相談を受けました。

入園してからもしばらくは、やはり他の犬が近づくだけて唸って相手を威嚇しまくってました。大勢がいる部屋ではいつもスタッフの足元に隠れるように身を潜めていることも多かったソラくん。

 

幼い頃に他の犬と触れ合う機会が少ないと、社会化不足が原因で必要以上に相手を怖がってしまったり、犬社会のコミュニケーションがうまく取れないまま大きくなっていまうことがあります。

しかし、相性を見ながら徐々にソラくんのペースで犬慣れをさせていった結果、他の犬との距離がだんだん近くなってきて、そのうち自分からも興味を持って行くようになっていきました。

そんな犬とのふれあいによる社会化の動画はこちら。

 

プードル5ヶ月♀トイレのしつけ・パブロちゃんのトイレトレーニング

2017/08/03 | しつけについて | えんちょー

先日、パブロちゃんのトイレのしつけ合宿が終了しました。
今回のご依頼は神戸市在住の奥様からで、ソファーやカーペットなどあちこちで失敗するので困るということでした。

初めてお電話いただいた時は、あまりにも失敗が多すぎたのか疲れ切った様子で育犬ノイローゼになってしまうのではないかと心配したほどでした。

でも、今では自発的にトイレに行って出来るようになり、ご家族みんな幸せなわんこライフを送っておられます!

トレーニングの様子はこちらでご覧いただけます。

先日、お電話でその後の様子を伺ったところ、

実家に連れて行ってもレギュラーサイズのシーツを敷いて「ワンツー、ワンツー」と誘導したらちゃんとシーツの上でオシッコできたので感動しましたと喜びの声をいただけました。

合宿中は朝から寝るまでずっと付きっ切りになることも多く、実際プライベートもかなり制限せざるおえない訳ですが、こんな風に喜んでいただけた時が、何より達成感を感じることが出来る瞬間^ ^

現在、ご高齢の方が飼われているプードルのトイレのしつけを受けていますが、こちらも頑張りたいと思います。

トイレトレーニング「シーツがあればどこでもできる」

2017/07/24 | しつけについて | えんちょー

「シーツがあればどこでもできる」ご相談に来られる方の中には
「そんなことホントにできるんですか?」そう思われる方もいるようです。

もちろんしっかりトレーニングを積まないとそうなってくれないですが、
練習次第では生後5ヶ月を超えてからもで十分良い習慣をつけることができます。

子犬を迎えたばかりの家庭で多い困りごとがトイレのしつけですが、
室内で一緒に生活する以上、トイレのしつけができていればメリットは大です。

例えば大雨や台風の日でも室内でトイレができれば犬も人もストレスなく暮らせますし、
万一飼い主が体調を壊してしまったりした時でも安心です。

トイレのしつけとは、自発的に決められた場所
(吸水シート)に行って排泄できるようにすることを言いますが、
その際、排泄時に「ワンツー、ワンツー」など声掛けを刷り込むことも可能で、
トイレに誘導したり動機付けしていくことができます。

しっかりステップを踏んでトレーニングして行けば
最終的にはペラペラのシーツ1枚あればどこでもトイレができるように進めていくことができるようになります。

そうなればドッグカフェや建物に入る前にも、ドライブインの休憩所でもシールを敷いて前もって排泄させて上げることができて飼い主も安心ですよね!

サンプル動画はこちら

トイレのしつけは一生の財産。
今から子犬を迎え入れる方は、ぜひ、お家に来たその日からトイレのトレーニングをはじめてみてくださいね!

ワンちゃんすくすく、預けてあんしん、

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)では

社会化をはじめ、飼い主さまとワンちゃんが快適に

暮らしていけるようサポートしていきます。

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)

犬の保育園、しつけ、トイレレッスン、一時預かり、ペットホテルなど

営業時間 8:00~19:00
お電話の
受付時間 10:00~19:00

住所

大阪府大阪市西区九条南2-11-2

お電話での問い合わせ

0120-928-369(フリーアクセス)
06-6585-7556(Pee-Ka-Boo)

>> 犬の保育園とは

>> 保育プランについて

>> お泊まり・預かりプランについて

>> ご予約・お問い合わせ

小型犬(マルプー)のしつけ合宿の効果ビフォーアフター

2016/12/22 | しつけについて | えんちょー

大阪市西区の犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)園長榎本(エノモト)です。

小型犬(マルプー)のしつけをした時のビフォーアフターをご覧ください。

▼まずは映像をご覧ください(約3分)▼

散歩時の無駄吠えにお困りというご相談をいただき

Pee-Ka-Booの合宿に参加していただくことになりました。

映像の前半はまだしつけ前の様子ですが、歩く人、すれ違う犬に対して

勢いよく吠え止まない様子です。

ところが・・・

しつけの後(映像1:54後)のマルチーズ×プードルの様子を

ご覧ください!

 

 

 

 

約一ヶ月後、このようにすれ違う人や犬にも吠えずに

楽しく散歩ができるようになりました。

 

ワンちゃんすくすく、預けてあんしん、

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)では

社会化をはじめ、飼い主さまとワンちゃんが快適に

暮らしていけるようサポートしていきます。

犬の保育園Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)

犬の保育園、しつけ、トイレレッスン、一時預かり、ペットホテルなど

営業時間 8:00~19:00
お電話の
受付時間 10:00~19:00

住所

大阪府大阪市西区九条南2-11-2

お電話での問い合わせ

0120-928-369(フリーアクセス)
06-6585-7556(Pee-Ka-Boo)

>> 犬の保育園とは

>> 保育プランについて

>> お泊まり・預かりプランについて

>> ご予約・お問い合わせ

ボンドくんのトイレのしつけ合宿終了まじか

2016/07/30 | お知らせ, しつけについて | えんちょー

トイレのしつけ合宿が、もうすぐ終わろうとしています。
明日、お迎えに来られるので動画を編集しているところです。

約4週間前、Tプードル♂のボンドくんは自宅のあちこちにオシッコを失敗するので困るということでご相談に来られました。

足を上げてオシッコすると聞いていたので、支配欲や自己主張の強い子なのかなぁと思っていましたが意外にそうでもなかった。ただ、狭い空間で囲ったりすると足を上げやすくなるという癖がありました。

サークルは早々に取っ払って、リードで誘導するようにしてトイレシーツへの動機付けも順調にすすみました。

動画では、成功率を上げるためシーツを徐々にサイズダウンしたり、部屋の広さや環境を変えて誘導するなど、様々な環境で成功の刷り込みを行っています。

トイレのしつけは生活習慣なので合宿中は早朝から深夜にまで及びます。
たまに夜中に目が覚めて自分がトイレに行きたくなっても「起こしてしまうかも…」と考えるとけっこう我慢することもあったり…だから飲みに行く回数も激減します(笑)

中々大変なことも多いのですが、その分やりがいも感じるのがこの合宿。
でも、明日でもう帰ってしまうのかと思うと嬉しい反面、無性に寂しくもなってしまいます。
ボンドくんお疲れさま。また、いっぱい遊ぼうぜ!

 

犬のしつけについて思うこと。

2016/07/26 | しつけについて, 園長のひとり言 | えんちょー

IMG_4864しつけは犬をコントロールするための大切な方法。
でも、そのやり方には色々あっていいと思う。どのやり方が正しいとか、どのやり方が間違っているとかはあまり問題ではない。本当に大事なのは“あり方”、愛犬とどんな関係を築きたいのか?

例えばそれは自転車の乗り方を学ぶようなもので、自転車に乗って何処に行きたいのかって言うのと同じ。「競技会に出たい」というような目標が決まっている人というのは当然しつけの上達が早い。トレーニングを通して犬とのコミュニケーションを楽しみながらどんどんしつけにハマっていくから。

一方で、現在飼われているほとんどの家庭犬は家族の癒しとして暮らしているだけなので、ただそこに居てくれるだけでほっとさせてくれたりする存在。しつけに関しては 他人にさえ迷惑をかけなけばそれいいという程度。

この場合、しつけに割く時間や労力は単に苦労でしかなくなくなるケースが多い。だから、まずはどんな関係性を築きたいかを明確にしておくことが重要になってくる。

家庭に向いている犬というのは、飼い主の指示を何でもきく犬ではない。どちらかと言うとのんびりとした落ち着いた感じの性格の犬です。たまにテレビで観るような芸達者なスーパードッグでは決してありません。

そして、飼い主が一番初めに考えないといけないのは、家族である犬との関係性。 まずは、人間が犬という生き物をちゃんと理解した上で、彼らにとっての最良のパートナーとなってあげることが、何よりもの幸せに繋がる近道だと思う。

トイレのしつけ強化合宿

2016/05/31 | しつけについて | えんちょー

4R3A6876

ワンちゃんのトイレの失敗にお悩みですか?
トイレトレーニングとは、ワンちゃんが自分で決められたトイレシーツ行きオシッコをすること。

しつけ本を読むと「タイミングよく褒める」とか、「家に来たその日から始めるのがベスト!」
などいろいろ書いてあります。

でも、実践するのはなかなか大変で「わかってるけど・・・」って感じ。
そもそも、トイレのしつけというのは難しいもので、上達の度合がわかりにくく時間もかかります。

成功への近道は、いかに習慣化できるかにかかっていますから、忙しい飼い主さんにとっては時間的労力も大きく決して簡単ではありません。

それに成長期真っ盛りの子犬の場合、一度成功しているように見えても、まだまだシーツへの動機付けが弱いです。何かのきっかけでスグまた失敗しやすい状態にあるのです。

ある程度、成長すれば体の構造も大人になってきますのでオシッコの回数も減って、朝晩のお散歩だけで排泄を済ますことも十分可能になりますが散歩時に排泄する習慣をつけさせてしまうと、必ず散歩に行くことが義務化されてしまいます。

結果的に悪天候や体調不良の時でも散歩に行けなければならなくなって、飼い主にとって負担もおおきくなってしまうのです。 将来ついてまわる労力を考えると、愛犬にも飼い主にも無理のないトイレのしつけは必須ですよね!         

ピーカーブーでは「トイレのしつけ強化合宿」を実施しています。

合宿期間は4週間、平日の月曜~金曜はピーカーブーにて合宿トレーニングしていき、土日の週末を自宅で過ごすというトイレの成功率をあげるためのプログラムとなります。

トイレシートでの排泄が生活習慣として身に付くよう徹底的に成功の繰り返しを行ないシーツへの動機づけを強めていきますので、帰宅後もスムーズにトイレシートでの排泄がしやすくなります。

事前カウンセリングが必要となりますので、お電話0120-928-369まで「トイレの合宿の件」といってください。

ホールドスティール

2014/12/24 | しつけについて | えんちょー

ホールドスティールとは、飼い主である人がリーダーシップをとるためのトレー二ングのことです。
犬が人間社会で上手に暮らしていく為には、服従心を育み上下の関係を明確にさせておくことが大切です。
主従関係と言うと、なんだか威圧的で可哀想な気持ちになる方もいるようですが、犬社会というのは上下関係で成り立っていますから、むしろ、飼い主が上手にリーダーシップをとるほうが、落ち着いた心理状態で暮らせることであり、問題行動の予防にもつながります。
 
 
①まず、床にお尻をついて座った状態で足を伸ばし、犬を両足で挟み込むように固定します。 大型犬の場合は後ろから体を挟むようにして座り、フセの状態から持ち込んでもいいでしょう。あくまで人の都合で勝手に仰向けにするようにします。初めて仰向けにされそうになった犬は、たいてい大暴れしますが、しっかりと体を密着させて動けないようにします。 この体勢は犬にとって一番無防備で苦手な体勢でもあるので、怖さとプライドから大暴れして脱出しようとします。
 
 
②はじめの3分間くらいは、嫌がって鳴いたり、噛んでこようとする犬もいますが、噛まれそうな場合は家族の応援を借りてもいいでしょう。鼻筋は開けた状態で、下顎から抑えることで噛まれる危険はほとんど回避できます。抵抗しなくなるまで続けます。大切なのは「この人にはかなわない」と思い込ませること。
 
③あきらめて、抵抗しなくなったら毛並に沿って落ち着かせるように誉めていきます。ただし大げさに誉めるのではありません。赤ちゃんを寝かしつけるときのように、そっと撫でる感じです。この時、犬の抵抗が止まっていても、まだ諦めているわけではありませんから気を抜いてはいけません。手は犬の手足に添えて脱出されないように構えていてください。
やがて、体の緊張がほぐれ丸まっていた尻尾が伸びてきます。
 
④犬は苦手な体勢で自由を奪われたことで「この人は自分よりはるかに強い」という意識が芽生えます。また、抵抗をあきらめた後に優しく受け止めてくれたことで、強くて優しい理想のリーダーとなるわけです。
動けないと悟った犬は、目を閉じ、寝たような仕草を始めますが、完全に関係性が築けるようになるには、やはり時間がかかります。仮におとなしくしているように見えても目がキョロキョロしているときは、脱出の隙を狙っていますので注意が必要です。
最終的には完全に寝落ちするまでがワンセットとなります。根気がいりますが焦らずにいきましょう。
 
⑤この練習には時間が必要です。平均でも1時間くらいかかるのが普通です。ですから十分な時間のあるときに行ってください。犬が完全にあきらめるのには、どうしてもそれくらい必要だからです。 1日に何回もする必要はありません。パピーの場合は、3~4日程度つづければ、ほぼ完成します。簡単に仰向けになって、いつでも飼い主に身を預けてくれるようになればこの練習は成功です。
 
【練習するときの注意】
  1. 犬の手は外側には開かないので大の字には抑えない。
  2. 口を抑えるとき、呼吸ができるよう鼻筋は開けておく
  3. 1日に何回も行わない
  4. 毎日行わなくてもいいので、十分時間があるときに行う。
  5. 始めたら最後まで行う、途中で逃がさないこと
  6. キョロキョロしている内は、まだ暴れ出す可能性がある。
  7. 一度始めたら、完全に寝たようになるまで決してやめない。

Copyright(C) 2006-2014 Pee-Ka- Boo All Rights Reserved.

ページトップへ